読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

書き逃げ

映画とか音楽とか。

中華鍋というシステムの課題

料理 ポケモンGo

諸事情あって、晩飯をよく作るようになった。

これまで晩飯は97%ぐらい外食だったのだが、色々な状況から家で食べた方がよくなり、じょじょに料理の世界に足を踏み入れているわけだ。現在、7割ぐらいは自炊である。

例えば、今晩食べたのは、麻婆茄子とふろふき大根の鶏そぼろあんかけ。どちらも葛を使った体の温まる品である。夏やのに……。シャワー後に、汗をかきながら食べた。

このような生活になって2カ月ほどなのだが、そんな短期間にも、料理に対する心境の変化というものがある。最初はおっかなびっくり、「えっ、こんなに硬くて熱いの……?」(中華鍋の柄を握りながら)というおぼこい態度だったわけだが、とか書いたけどそれは盛っていて、本当に本当の最初は、火すら使わなかった。冷や奴に〈辛そうで辛くない少し辛いラー油〉、そしてスモーク鴨肉、みたいな組み合わせでビールをごくごくしていた。

それからまず作るようになったのは、ナムルである。「え? なんでナムル?」と思われるかもしれないが、もやし或いは小松菜やニラなどを茹でて味覇とごま油であえればいいだけなのでメチャクチャ簡単であり、かつ野菜がもりもり食べられて肉も要らないぐらいの満足度(俺調べ)なので最強おかずなのである。

その次にトライしたのはしめ鯖。「え? なんで(略)が、これも実は簡単に作れることを俺はブログによる知識で知っていた。そして、確かに容易に作れて非常に美味であることが分かり、一日おきに作っては半身をスライスし(もう半身は翌日食べる)、もりもりと食べていた。

が、そればかりではさすがに飽きる。適当な炒め物などを作り始めたのだが、そこですぐに思ったのは、テフロンのフライパンというものが何ともつまらん感じがするということだ。水っぽい野菜炒めしか出来ないし、パラリとした炒飯を作ることなど夢のまた夢だ。軟弱な、小市民的道具だと思えて仕方がなくなったのだ。

この時点で、俺がテフロンのフライパンを使い始めて約2日。それだけの時間があれば俺という人間が料理についてなにがしかの真理をつかむのは容易だったわけだ。すぐさま俺は他の方のブログで知った鉄製中華鍋をクリックにより入手した。

中華鍋の空焼きの面倒さなどはひとまず省略するが、それから俺は、日々炒め物を作り続けている。

まずヤカン一杯にお湯を沸かし、前の日に鍋肌に塗り込めた油をお湯で流し、たわしでこすり落とす。すぐさまガスを着火して鍋から煙が上がるまで温め、そこにお玉一杯ほどのサラダ油を投入、鍋を回して鍋肌に馴染ませる。その油はオイルポット(もちろんこれもクリック一発で購入済み)に戻し、改めて新しい油を鍋に注ぎ、そこから火と鉄による芸術であるところの炒め物に挑むわけである。

その結果、俺の料理の腕はめきめき上達している。と言っても、クックパッドやなにやかにやのレシピを参照し、大いに参考にしているわけであり、また正直言って野菜炒めはべしゃべしゃである。しかし、クックドゥなどの助けを借りずに確かにこれは麻婆茄子だと思える味で自ら作り出せるのは快感であり、細かく刻んだピーマンを入れるというアレンジがずばりハマったりするととても嬉しいものだ。

問題は一つ。太るね……。まだパンツがはけなくなったりシルエットクイズで「彦摩呂!」と解答されたりするレベルにはなってないが、どうしても多めに作ってしまうことや、油を多めに使わないといけない中華鍋のシステム運用上、太る。ポケモンGoを頑張らないとね。今日レベル23になりました。